大人ニキビ

大人ニキビは思春期ニキビの違いとは?

 

大人になって出るニキビと10代の思春期に出るニキビはなってしまう原因が違っており、思春期になるニキビは成長ホルモンが主な原因で皮脂腺を刺激した時に皮脂が多く出てしまうために毛穴にも詰り、炎症が起きてニキビができてしまいます。
ニキビができる箇所は主におでこや小鼻、頬の部分となっており、顔だけではなく顎周りや首筋、背中にできる大人のニキビと比べケアの範囲が限られています。

 

一方、大人に出るニキビはホルモンバランスの乱れで、思春期のニキビと同じような過程にて炎症が起きニキビとなって出てしまいますが、生活習慣やストレス、飲酒や喫煙などにより、安定しているホルモンバランスが崩れてしまうことでニキビができることもあります。なので思春期に出るニキビと比べれば改善しやすく、上手にホルモンをコントロールすることで綺麗なお肌にすることが可能なのです。またホルモンバランスの乱れだけではなく、お肌の保湿不足で皮脂が過剰に分泌し毛穴に詰まって起こることもあり、肌質によっては乾燥肌や皮脂肌を改善することで毛穴の詰りをなくし、ニキビができないお肌にすることもできますので、肌質に合った化粧品を探して洗顔や基礎化粧品の使い方を見直してみましょう。